天理大學

  1. HOME
  2. ニュース?トピックス
  3. コロナ禍の學生に食料を配布「若者応援プロジェクト奈良」
 【お知らせ】

コロナ禍の學生に食料を配布「若者応援プロジェクト奈良」

10月29日、天理大學杣之內キャンパス學生ホールで、コロナ禍によってアルバイト収入が減るなど、困難な狀況にある學生に対して食料の無料配布を行い支援する取り組み、「若者応援プロジェクト奈良」が実施されました。

天理大學では昨年の大學獨自の取り組みである學修支援金給付をはじめとする、コロナ禍における學生支援を様々な方面から取り組んでいます。今回、その一環として、奈良県生活協同組合連合會、フードロス問題に取り組むフードバンク奈良、県內大學の生協、ならコープの共同による申し出を受け、食料無料配布を以て學生を支援する取り組み「若者応援プロジェクト奈良」を実施しました。

今回配布された食料は、お米5キロ、インスタント食品、お菓子などの詰め合わせセットで、事前申込みを行った100名の學生が順次、學生ホールを訪れ、食料を受け取りました。

本學では、奈良県外出身の在學生も多く、全在學生の內、3割を超える學生が下宿しています。一人暮らしの學生からは、「大學內でこのような取り組みがあるのは嬉しい」「バイトのシフトが減って生活費がギリギリな中、節約のために毎日お弁當を作っているのでお米を支給してもらえて助かる」などと、感謝の言葉が聞かれました。

奈良県生活協同組合連合會のスタッフとともに食料配布を手伝った天理大學の學生自治會総務委員長の栗本洋世さん(生涯教育専攻4年?天理)は、「コロナ禍でバイトが出來ない友達が周りにいる中で、生活が苦しい學生がいる現狀を身近な問題に感じていたので、地域の方と一緒にこうした取り組みに參加できたことはとても嬉しいです。」と語りました。

また今回の取り組みを主導してきた「若者応援プロジェクト奈良」の擔當者である奈良県生活協同組合連合會の清水順子さんは、「コロナ禍で困窮している學生の皆さんに対して、地域との繋がりがあるということ、一人じゃないということを伝えたい。困っている時には支え合いましょう」と、本學の學生にメッセージを送りました。

なお、奈良県生活協同組合連合會をはじめとする関係者のご厚意により、「若者応援プロジェクト奈良」第二回目の実施を本學キャンパス內で12月中旬に実施する予定です。詳細は決まり次第、ホームページ等でお知らせします。
 

クラブ?サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演?講演情報?教職員の新刊案內

シラバスを見る

情報ライブラリー

學術情報リポジトリ

iCAFé_

附屬天理図書館

附屬天理參考館

附屬おやさと研究所

學校法人天理大學

天理大學の自己點検?評価活動

寄付のご案內

このページの先頭へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线