天理大學

  1. HOME
  2. ニュース?トピックス
  3. 天理大學英語教育研究會第15回研究集會
 【英米語専攻】

天理大學英語教育研究會第15回研究集會

天理大學卒業の英語科教員らを中心に構成される天理大學英語教育研究會の第15回研究集會(共催:天理學園英語教育連攜會議第1回研修會)が、10月30日、オンラインで開催されました。現職の小學校、中學校、高校、大學の英語科教員と教員を目指す本學學生、合わせて35人が參加しました。

英米語専攻では、この研究會を英語科教員養成の教育の一つの柱としており、コロナ禍の今年度はオンラインでの実施を計畫。結果、現職の教員は北海道や福島県など遠方からの參加が適い、またアメリカ、ブルネイに留學中の在學生參加することが出來ました。

第一部は本學英米語専攻出身の吉田健悟教諭(奈良県立奈良南高等學校教諭)と岡田真悟教諭(天理高等學校第一部教諭)による実踐発表が行われました。
吉田教諭は「ICT を用いたライティング指導」という題目でスマートフォンやパソコンを用いた教室でのライティング指導の取り組みについて、実際の授業動畫を用いた報告を行いました。

吉田教諭は自身の基本姿勢として、生徒の発言を否定せず、まずは受け止めるという「ポジティブフィードバック」の姿勢で取り組んでいることを説明した上で、生徒たちが自分で調べたことをGoogle Document等のアプリで他の生徒と共有し、クラウド上で能動的に意見を発信する取り組みについて説明を行いました。
続いて登壇した岡田教諭は、「ガイドラインに沿った目標設定と実踐を通して見えてきた課題 −理想と現実−」という題目で、チームティーチングで行っている授業の活動について報告を行いました。

まず岡田教諭は、天理高校では、天理學園英語教育の連攜活動の一環として取り組んでいる、小中高一貫の到達目標表(天理學園英語教育到達目標表:T-SEEGs)に基づいて授業が行われていることを説明。その上で、授業計畫と実踐、インタビューテストの方法に至るまでをワークシート等を用いながら詳細に説明を行いました。
第二部では奈良教育大學大學院の前田康二教授を講師に迎え、「小學校の教室から、小?中?高の英語授業を考える−誤り訂正やコミュニケーション意欲を中心に−」という題目で記念講演を実施しました。

前田教授は自身が考案し、小學校で実施した「ブレンディッド?ラーニング」について説明し、従來の一斉対面授業とICTの活用、ペア活動、個別対面指導をひとつのユニットとして適切に配置した授業形態であるこの取り組みによって、生徒、教員ともに英語を用いたコミュニケーションに対する不安の軽減、意欲の向上が見られたことを報告しました。

また、誤用に対する明示的訂正フィードバックは小學生にとっても有効な指導になりうることを指摘し、小學校での研究成果に基づいた中高における授業研究の必要性についても示唆しました。
今回の企畫は、天理小學校、天理中學校、天理高等學校の英語教育連攜會議の研修會としても位置付けられており、天理學園の英語教育の強みを発信する機會となりました。「天理大學英語教育研究會」は、天理大學の英語科教員養成、現職教員の研修を支える大切な會として、今後、継続?発展させる予定です。

クラブ?サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演?講演情報?教職員の新刊案內

シラバスを見る

情報ライブラリー

學術情報リポジトリ

iCAFé_

附屬天理図書館

附屬天理參考館

附屬おやさと研究所

學校法人天理大學

天理大學の自己點検?評価活動

寄付のご案內

このページの先頭へ
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线